CMS

CMSとは、「Webコンテンツを構成するテキストや画像、レイアウト情報などを一元的に保存・管理し、サイトを構築したり編集したりするソフトウェアのこと。
広義には、デジタルコンテンツの管理を行なうシステムの総称。」などを言われていますが、簡単に言ってしまえば、CMSコンテンツをインストールして、適切な設定をしてしまえば、HTML等の知識がなくても利用できてしまうブログのことです。
現在では海外製や国内製のCMSが多数存在しておりますが、私が好んで利用しているCMSはNucleusです。
英語が苦手な方でも、日本語サイトのNucleus CMS Japanで、日本語でのサポートフォーラムやFAQがありますので、安心して利用できます。
Nucleusがお勧めできる理由なのですが、追加機能を利用するためのプラグインがオールインワンでインストールされているCMSではなく、好みに応じてインストールして利用するタイプのCMSなので、操作が軽いことがあげられます。
CMSの作成当初では、それほど操作のパフォーマンスに差がないこともあると思いますが、利用しているサーバーにもよりますが、投稿を重ねていくうちに、重たく感じてしまうCMSが多いと感じております。
そのほか、ディフォルトのスキンや自前のスキンなどを利用するのであれば、Nucleusへのリンクバックを推奨してはいますが、強制はされておりません。
SEO対策を重視して、少しでもリンク漏れを防ぎたい方はNucleusへのリンクを外すこともできてしまいます。
静的なURLへの変更や、サイトマップ登録などもプラグイン等を利用すればできてしまいますし、一度やってしまえば後は勝手にページが追加されるので、手間がかかりません。(他のCMSでも、これくらいのことは出来てしまいますが…)
商用利用などを検討されている方で、無料のCMSに不安を感じる方もいると思いますが、有料だから良いとか悪いとかは、CMSではあまり関係ないと思います。
どのCMSでもそうですが、使いこなすためには、
まず色々いじってみて→分からない→マニュアル本を読んで見る→いじる
の繰り返しになると思います。
Nucleusのマニュアル本は、現在、一冊しか出ていません。
私は、このマニュアル本をボロボロになるまで読み込んで、やっとテンプレートとスキンの違いなどを理解しました。
数学や物理のように、全体がなんとなくわかってこないと、何がなんだかよくわからないことが多いと思います。
ある程度わかってくれば、良いカスタマイズをしているところを見て、どうやっているのかを推測しながら、自サイトでも同じようなことをできないか考えたりしています。