海外格安有料サーバー

国内のサーバーサービスに比べて、海外のサーバーサービスは格安で充実しているところが多いと思います。
日本ではあまり知られていないサーバー管理ソフトのcPanelWebHost Manager(通称WHM)を利用したサーバーが多く、使い慣れれば管理画面の日本語化も簡単にできますし便利だと思います。
この管理ソフトを利用するには料金が結構かかりますので、その分をサーバー料金に上乗せされているので、格安で提供されているところは少ないです。
このcPanelとWebHost Managerを利用していて、格段のコストパフォーマンスだと感じているサーバーは、カナダにサーバーが設置されているeqock.comという日本ではマイナーなサーバーです。
お勧めのプランは、Annually(年契約)の$2、$4、$6のプランです。
最安のプランですと、容量8MBに転送量256MBあって、年にたった$2(現在レートで約180円)ほどです。
画像をたくさん利用したり、CMSを導入したりしないのであれば、このプランで十分だと思います。
英語が苦手な方でも、cPanelWebHost Managerが導入されていますので、契約さえしてしまえば、管理画面から日本語を選択すれば、あとは英語に触れる機会も殆どないと思います。
ここのMonthly(月契約)のプランは$1までは、お勧めできると思います。
それ以上のプランでは、普通に日本の格安レンタルサーバーを利用するよりも、コストパフォーマンスは落ちてしまいます。
WebHost Manager(WHM)を利用しているレンタルサーバーを利用する場合、必ず確認しなければいけないことがあります。
カテゴリー欄に「Server Status」が掲載されていて、運営しているサーバーの運営状況が確認できるのですが、一部の悪質なレンタル業者ではこの「Server Status」の項目を削除してしまっていて、サーバーの運営状況がわからくなっています。
このようなサーバーでは、現在サーバーがきちんと運営されているのかわからないからです。
恐らくサーバーダウンなどが多っかったり、サーバーを現在は運営してなかったりして、掲載してしまうと誰にも契約してもらえないから隠しているのだと思います。
料金の支払いに関してなのですが、PayPalを利用すればすぐに支払えますし、サーバーも即利用できます。
海外のサービスでクレジットカード番号を入力するのは、ちょっと怖いと思う方でもPayPalなら小額決済でも手数料込みの料金ですし、海外のサーバー利用や海外の決算サービスを利用するには便利だと思います。
念には念を入れたい方は、限度額を限定したクレジットカードを利用すれば、万が一のときにも限度額に損失が限定できますので、専用のクレジットカードを用意するのも手かもしれません。
PayPalを利用する場合には、決算されるブラウザのアドレス欄を必ず確認しなければいけません。
緑のバーにPayPal,Inc.(US) https://www.paypal.com/......
となっていれば、一応は安全だと思います。


Sign up for PayPal and start accepting credit card payments instantly.