独自ドメイン取得

ウェブサイトやCMSを運営するためには、サーバーに付属のサブドメインを利用して運営するか、料金がかかる独自ドメインを取得して運営するかの選択肢がございます。
無料のサブドメインのCO.CCでサブドメインを取得して利用すると言う方法もあります。
こちらのサービスは所有権がありませんので、サービスが終了してしまえば、ドメインは使えなくなってしまいます。
私もサービス終了を覚悟の上で利用していますし、適宜利用できるサービスだと思います。
私は、日本の格安でドメインを取得できる数社で、それぞれ独自ドメインを取得しています。
その中で一番のお勧めのレジストラは、VALUE-DOMAINです。
なぜお勧めのレジストラなのかと言いますと、Whois情報を非公開にできることと、DNS設定を自由に行えることの二点に尽きると思います。
Whois情報を非公開にできるところは、他社にもあるのですが、同時にDNS設定も自由に設定できるレジストラは、日本にはVALUE-DOMAINしかありません。
DNS設定を自由に設定できると何が良いのかといいますと、自分で取得した独自ドメインのサブドメインを、自由に独自ドメインを利用できるブログやサーバーに割り当てて利用することができるのです。
この事実を知らなかった頃に取得した独自ドメインは、現在も単独のサーバーでしか利用できなくて、悔しい思いをしています。
ドメインを移管すればいいと思うかもしれませんが、前回の値上げの前に9年分の独自ドメイン料を一括で支払ったので、あと9年はこのままでいかなければなりません。
料金に関しては格安レジストラであれば、どこもあまり変わりませんので、料金からのアプローチは不要だと思います。
また知識的に利用方法がよくわからない場合でも、とりあえずVALUE-DOMAINで取得しておくことをお勧めします。
知識や情報が深まれば、色々と利用したくなるかもしれないからです。

※追記
2008年12月17日より、ムームードメインでも「ムームーDNSにカスタム設定」でDNSがいじれるようになったようです。これで利用条件はVALUE-DOMAINとほぼ同じになったかと思いましたが、やはり自社運営のサーバーへの誘導が主な目的で、細かい設定はできないようです。現在の状況では、日本語で取得できる最適なドメインレジストラは、VALUE-DOMAINでいいと思います。